バレーボールが上達するトレーニング方法とは

 今回はバレーボール上達のためのトレーニングについて話していこうと思います。

 

 ですが、身体能力も同じくらい重要なのでトレーニングも自ずと必要になってきます。

 

 バレーボールをするにあたってどのようなトレーニングをするか考えるには、まずはどんな体づくりを目指すべきかを考える必要があります。

 

 例えばバレーボールのトップ選手をみたときにはみんなすらっとした体型をしているのに気づくと思います。

 

 レスラー体型のような選手は外国人選手でも見かけません。

 

 それはやはりバレーボールはジャンプする機会の多い競技であり、高くジャンプするためには不要な筋肉までつけるわけにはいかないからです。

 

 ジャンプ以外でも、ボールに触っていないときですらポジション取りで常に動く競技なので細身な体型の選手しか見かけません。

 

 もちろん細いだけでなくしっかりと筋肉も付いていますが、機動力も必要ですから他の競技選手よりも必要な筋肉というのは絞る必要があります。

 

 全体的にある程度の筋肉量は必要ですが、重点的に必要なのは下半身と体幹部分に絞られると思います。

 

 スパイクやサーブは手や腕で打ちますが、力を伝える下半身や体幹がしっかりしていればそこまで筋肉がなくても強いスパイクやサーブを打つことができますから。

 

 ですから、トレーニングとしては体幹と、下半身、特にふくらはぎと腿裏の筋肉に集中したものをおすすめします。

 

 あとは関節を痛めやすい競技でもあるので関節周りの筋肉を意識するくらいで、他の部分は過剰に筋トレをしないようにしたほうが良いです。

 

 筋肉をつけることに目標をおかずに、バレーボールの上達にとって必要な体づくりを目標に考えたトレーニングを行うようにしましょう^^

子供をトップジュニアにする潜在能力を引き出す練習方法とは?

 

子供を一流バレーボール選手に育てたいなら、

 

 

長年トップジュニアを育て上げている練習方法を知るのが一番の近道です。

 

 

小学生バレーボールの指導を専門に長年、研究されている工藤憲氏の
潜在能力を引き出すプログラムで、現在のあなたの悩みは解消されると
思います。

 

 

  • 背が低い
  • 力が弱い
  • 運動神経が劣っている
  • 小学校低学年でも
  • バレーボールを始めるのが遅くても

 

 

大丈夫です。この教材を見れば、小学生がどのような練習をすればいいのかが
よくわかり、次第に上達していくことを感じられるようになるでしょう。

 

 

そして近い将来、子供がトップジュニアになる夢が実現するでしょう。

 

 

具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る