バレーボール パス

パス

パス記事一覧

 今回はバレーボールのオーバーハンドパスのコツについて話していこうと思います。 初心者のオーバーハンドパスで多い間違いは、ボールを飛ばそうとするあまり、バチっと音がするように弾いてしまうことです。 上手い人のオーバーハンドパスは音がしません。 なぜでしょうか。 それはボールを持っているからです。 おいおい、それじゃあ反則でしょと思うかもしれませんが、事実です。 上手な人は膝や肘、手首、指の関節をや...

 今回はアンダーハンドパスについて話していこうと思います。 はオーバーハンドパスと同じで基本中の基本で最も重要なプレーの一つになります。 アンダーハンドパスはサーブレシーブやスパイクレシーブの際にもよく使うので変な癖やフォームが身についてしまうとレシーブ力が上達しません。 反則とボールの落下で得点が入るバレーボールでは守備、レシーブが重要です。 レシーブが安定しないといい攻撃にもつながりませんから...

 今回は二段トスについて話していこうと思います。 試合でレシーブが乱れた時に二段トスが綺麗に上げられないと、攻撃につなぐことはできませんから、二段トスがあげられるかどうかで試合の勝敗も変わってきます。 まずはどこに向かってトスを出すかですが、これはセッターが普通にトスを出す場所とは違う所を目標にします。 なぜならスパイカーにとっては二段トスの場合通常よりも後方からボールが来るため打ちづらいですし、...

 今回はスパイカーにボールを届けるトスについて話していこうと思います。 トスと一言で言ってもセッターやチームのレベルによって色んな種類のものがあります。 例えば一般的にトスはボールを回転させないようにと言われます。 これはドライブ回転のかかったボールは落ち始めが早くて打ちづらいからだと言われています。 しかし人によってはゆるいドライブと逆の回転をかけたほうがいいとも言います。 かつて全日本女子バレ...

 今回はバレーボールのオーバーハンドパスとアンダーハンドパスの2種類のパスの使い分けについて話していこうと思います。 この2種類のパスですが、一応しっかりと用途は別々にあります。 まずオーバーハンドパスを一番よく見るシーンはトスですよね。 指先でアンダーハンドパスよりも長い時間ボールに触れることができる分細かいコントロールが効くのでセッターのトスはほとんどオーバーハンドで行われます。 ではアンダー...

トップへ戻る