バレーボールにおける速攻の重要性

 今回はバレーボールの攻撃の中でも速攻について話していこうと思います。

 

 速攻は主にミドルブロッカーの選手が低くて速いトスを打ち込むプレーで、セッターとスパイカーの呼吸を合わせる必要もある分、他の攻撃よりも難易度が高いです。

 

 ではどうして実際の試合で速攻が使われているのでしょうか。

 

 答えを一言で言えば得点しやすいからです。

 

 他の攻撃よりも速い分、相手ブロッカーを振り切りやすいですし、ブロッカーを振り切れればスパイクを遮るものがないので、レシーブされる可能性がぐっと減ります。

 

 しかし相手ブロッカーもそれがわかっているので、ミドルブロッカーに自由に打たれないように常にマークしたり、セッターの癖や動作、目線からトスを予測しようとするので、速攻はセッターと相手ブロッカーの駆け引きでもあります。

 

 私自身セッターをしていましたが、速攻の使い方にはいつも頭を悩ませていました。

 

 それでも速攻を使うのはその時得点しやすいだけでなく、その後のプレーでも得点しやすいように試合を作るのに必要だったからです。

 

 例えば速攻を使わないチームが相手ならば、ブロッカーにとってこんなに楽なことはありません。

 

 どこにトスが上がっても速攻を使わないとわかっていれば、余裕を持って3枚でブロックにつけるからです。

 

 逆に速攻を多用するチームで、さらにレシーブが乱れても速攻が使えるようなチームだと、速攻を常に警戒しないといけないのでブロックが複数枚しっかりつけることは難しいです。

 

 そうなるとチーム全体のスパイクの決定率も変わってきます。

 

 速攻は難しいプレーですが、使いこなせば説明したように試合全体に影響するプレーです。ぜひチャレンジしてみてください^^

子供をトップジュニアにする潜在能力を引き出す練習方法とは?

 

子供を一流バレーボール選手に育てたいなら、

 

 

長年トップジュニアを育て上げている練習方法を知るのが一番の近道です。

 

 

小学生バレーボールの指導を専門に長年、研究されている工藤憲氏の
潜在能力を引き出すプログラムで、現在のあなたの悩みは解消されると
思います。

 

 

  • 背が低い
  • 力が弱い
  • 運動神経が劣っている
  • 小学校低学年でも
  • バレーボールを始めるのが遅くても

 

 

大丈夫です。この教材を見れば、小学生がどのような練習をすればいいのかが
よくわかり、次第に上達していくことを感じられるようになるでしょう。

 

 

そして近い将来、子供がトップジュニアになる夢が実現するでしょう。

 

 

具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る